格安 Windows VPS

VPS(Virtual Private Server)とは、「仮想専用サーバー」のことです。

MT4でEAを使うためには、Windowsを常時稼働させておく必要があります。スマホ用のMT4はインジケーターを追加できないため、外出先からPC用のMT4が見られると便利です。

自宅のPCを常時稼働させるには、PC発火による火災が心配といった場合に活躍するのが、Windows VPSです。

自宅にPCが無い、自宅はMacといった方も、VPSでPC用のMT4が利用できます。

 私が使っている格安のWindowsレンタルサーバーを紹介します。「1stRentalServer」は、1ヶ月あたり900円(税抜)です。OSは「Windows Server 2008 R2 日本語版」、CPUは「1 core」、メモリーは「1GB」、ディスク容量は「SSD 60GB」です。バックアップ用のSSD 60GBが別に用意されます。管理用コンソールからOSの再インストールやディスクのバックアップが実行できます。

性能は、MT4を5つぐらい同時実行できます。OSはWindows Serverですが、取り扱いはWindows 7と全く同じなので心配ないです。格安Windows VPSは、「1stRentalServer」のページの「Windows VPSプラン」です。

VPSにスマホや自宅のPC、Macから接続するには、以下のアプリを使用します。(他のアプリもありますので、いろいろ試されて使い方に合ったソフトを選択されるのが良いと思います)

  1. Microsoft Remote Desktop
  2. Chrome リモート デスクトップ
  3. Remotix VNC & RDP

リンク先は、PC用のサイトになります。

いずれも、Windows, macOS , iOS, Androidに対応しており、1と2は無料で、3は有料です。

1と3はVPS側にアプリのインストールは不要ですが、2はVPS側にアプリのインストールが必要です。

詳しい使い方は省略しますので、ネットで検索してみてください。

1日あたりのランニングコストは30円なので、コストパフォーマンスは非常に高いと思います。