環境認識 USDJPY(12月27日)

「AI」と「ダウ理論」と「RCI」と「サイクル理論」によるドル円の環境認識になります。

・週足は下目線
・日足は上目線
・4時間足は下目線
・1時間足は下目線
・サイクル理論の4HC(4時間足)のボトムは14本目で、現在足は31本目

MT4 十字カーソル同期」(Free)を新規公開しました。複数チャートの十字カーソルとスクロールが同期します。チャート分析のお役に立ちましたら幸いです。

チャート内のトレンド方向は「ダウ理論線形回帰チャネル」により自動で描画しています。

チャートはクリックで拡大します。

AI

日足

AIによるドル円の日足終値の時系列分析です。未来を予測しています。

時系列分析では、予測結果は1点ではなく、「確率80%でこの領域に含まれる」という形の予測になります。

ピンク色の線が予測の上下限値で、80%の確率(信頼区間)で含まれる範囲を示しています。

青色の線は、その中で最も確率の高い値ということになります。

チャート内のピンク色と青色の線は、過去の部分もAIによる予測結果です。

12月31日の終値予測は「103.38円」となりました。予測の上限値は「104.43円」、下限値は「102.41円」です。

前回以降、学習にチューニングを加えました。

ダウ理論とRCIとAI

週足

週足は下目線です。

21週単純移動平均線に上値を抑えられているようです。

短期RCIは上向き、中期RCIと長期RCIが底で横向きのため、上方向には弱気となります。

トレンドは下方向です。

戻り高値123.74を上抜けると上目線に転換します。

日足

日足は上目線です。

200日単純移動平均線106.18と21日単純移動平均線103.86の下に位置しています。

短期RCIは上向き、中期RCIは下向き、長期RCIは横向きのため、上方向には弱気となります。

トレンドは下方向です。

押し安値101.18を下抜けると下目線に転換します。

4時間足

4時間足は下目線です。

フィボ61.8まで深い戻りが入りました。

短期RCIは下向き、中期RCIと長期RCIは上向きのため、上方向には弱気となります。

トレンドは上方向です。

戻り高値104.14を上抜けると上目線に転換します。

1時間足

1時間足は下目線です。

戻り高値103.91付近及び21日単純移動平均線103.86付近まで深い戻りが入りました。

短期RCIは下向き、中期RCIは横向き、長期RCIは下向きのため、下方向はやや強気となります。

トレンドは上方向です。

戻り高値103.91を上抜けると上目線に転換します。

サイクル理論(4HC)

サイクル理論の4HC(4時間足)のボトム(103.26)は14本目で、現在足は31本目です。

前のサイクルのボトムは、61本でした。

サイクル理論の4HCは、60〜80本が一つのサイクルになります。

 

ダウ理論トレンドモニター
ダウ理論線形回帰チャネル  <New>
ダウ理論目線シグナル Pro  <New>
ダウ理論目線シグナル
ダウ理論トレンドライン
ダウ理論フィボナッチリトレースメント

RCI3シグナル
RCI3超強気

サイクル理論ローソク足カウンター

MA MTF(MTF対応移動平均線)


ダウ理論について教えて??
ダウ理論の目線とRCIを使ったエントリー方法①
ダウ理論の目線とRCIを使ったエントリー方法②
環境認識し押し安値、戻り高値でエントリー判断する「MT4 ダウ理論セット」
MT4「サイクル理論ローソク足カウンター」で相場のボトムを予測する

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません