環境認識(1月23日)

ダウ理論トレンドモニターGogoJungle AWARD 2020インジケーター部門受賞

 

日足のチャート分析で、トレードに良さそうな通貨ペアになります。

チャートは、2022年1月21日 NY終値です。

チャート分析のお役に立ちましたら幸いです。

チャートはクリックで拡大します。

S/L:Stop Loss(ストップロス)
T/P:Take Profit(テイクプロフィット)
R/R:Risk Reward Ratio(リスクリワードレシオ)

S/LとT/Pは、ロングの場合は少し下側に置くのが良いと思います。(ショートの場合はその逆です)

先週の振り返り

環境認識(1月15日)を振り返ってみます。

EURJPYとGBPJPYで、ショートポジションを取った方は利益が出ていると思います。先週のGBPJPYは、日足の安値付近で引けていますので、引き続き下降の可能性がありそうです。

EURAUDでロングポジションを取った方は、下落しましたがS/L前に上昇に転換し、若干含み損が出ている状況だと思います。日足は陽線の高値付近で引けていますので、引き続き上昇の可能性がありそうです。

AUDJPY D1

高値と安値が切り下がり、SMA20下向き、終値がSMA20より下、MACDがデッドクロス。

81.53でショート、S/Lを84.28(275pips)、T/Pを78.77(276pips)とすると、R/Rは1.00です。(スプレッド不含)

R/Rが1.00ではエントリーとしては遅いので、戻り(82.28付近)を待ちR/Rを上げてエントリーするのが良いと思います。戻らない場合は諦めます。

日足の安値付近で引けていますので、引き続き下降する可能性がありそうです。

(abc-FXは、82.35でショートエントリー済みですので、タイミングとしては少し遅いですがご了承ください)

CADJPY D1

高値が切り下がり、終値がSMA20より下、MACDがデッドクロス。

90.25でショート、S/Lを92.16(191pips)、T/Pを87.42(283pips)とすると、R/Rは1.48です。(スプレッド不含)

日足の安値付近で引けていますので、引き続き下降する可能性がありそうです。

(abc-FXは、90.87でショートエントリー済みですので、タイミングとしては少し遅いですがご了承ください)

 

 

ダウ理論トレンドモニター
ダウ理論線形回帰チャネル
ダウ理論目線シグナル Pro
ダウ理論目線シグナル
ダウ理論トレンドライン
ダウ理論フィボナッチリトレースメント

MACDシグナル

MA MTF

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません

前の記事

環境認識(1月15日)

次の記事

環境認識(1月24日)