サイクル理論(3月22日)EURJPY

サイクル理論よるユーロ円の環境認識になります。

ユーロ円の4HC(4時間足)は、前のサイクルが85本、今のサイクルが45本で、58本目です。

45本目がボトムだとすると、サイクル理論的には少し短いので、これからボトムをつけに行く可能性もあります。

週末終値は119.85円でした。重要な節目の日足SMA200(120.11円)を一旦は突破しましたが、SMA200以下で引けました。

日足SMA21は119.33円ですので、概ねニュートラルな状態となりました。

新型コロナウイルスの影響で不安定な相場ですが、サイクル理論的には、来週中にトップを付けて、ボトムを付けに行く可能性があります。

サイクル理論の4HCは、60〜80本が一つのサイクルになります。

サイクルトップからの最安値が1つのサイクルになります。

サイクル理論の的中確率は80%です。

サイクル理論については、「メリマンサイクル論」のページで解説しています。

MT4「サイクル理論ローソク足カウンター」を使用すると、ローソク足を自動でカウントしてチャート上に表示してくれます。最新のローソク足に自動的に追従してカウントすることもできます。

ユーロ円の4HC(4時間足)チャート

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません