複数のチャートの位置を同期するMT4インジケーターです。

異なる通貨ペアや異なる時間足のチャートを複数並べて、同じ時刻にチャートを移動させながら検証が行えます。

キー操作で、スクリーンショットを保存できます。
スクリーンショットのファイル名には、自動的に通貨ペアと時間足と時刻が追加されるため、どんどん保存して後でまとめて整理できます。(時刻は垂直線のMT4時刻)

  • 垂直線を移動させると、他のチャートも同じ時刻に移動
  • どのチャートの垂直線を移動させても同期
  • 異なる通貨ペア、異なる時間軸に対応
  • 異なる通貨ペアは移動しないように設定可能
  • 1つのチャート内で時間足を切り替えた時に、行方不明にならないように同じ時刻に移動
  • 垂直線に日本時間を表示(サマータイム自動判定)
  • 垂直線は不要な時は、キー操作で非表示が可能
  • 垂直線のスタイル、幅、色が設定可能
  • 日本時間のフォーマットは、表示なし/日時/時刻から選択可能
  • 日本時間は、色、フォント、フォントサイズが設定可能
  • スクリーンショットをキー操作で保存
  • スクリーンショットのファイル名が設定可能
  • スクリーンショットのファイル名に、通貨ペア、時間足、時刻の追加が項目ごとに設定可能
  • スクリーンショットのファイル形式をPNG、BMP、GIFから選択可能
  • スクリーンショットの幅と高さをピクセルで設定可能

垂直線は、本インジケータ専用の垂直線になります。

使用方法

同期させたい全てのチャートにインジケーターを適用します。

本インジケーターは、1つのチャートに、1つ適用してください。

垂直線の表示/非表示を切り替える時は、表示切替キー(初期設定は「I」キー)を押します。
表示切替キーは、チャートごとの設定に準じます。
表示切替は、全てのチャートで同期します。
垂直線は、各チャートの中央あたりに表示されます。

垂直線は、ゆっくり動かしてください。
早く動かしたい時は、まずは目的の時刻までチャートをスクロールさせてから、表示切替キーで垂直線を表示させて微調整する方が効率が良いです。

チャートを横スクロールして垂直線がどこにあるのか分からなくなった時は、表示切替キーを2回押すとチャートの中央あたりに垂直線が再び表示されます。

垂直線を移動させた時刻のデータが、下位足のチャート存在しない場合、垂直線が引けず、移動ができません。
その場合は、表示切替キーを2回押すと、チャートの中央あたりに垂直線が再び表示されるので、下位足が存在する時刻まで戻してください。

各時間足の最大データ数は、「MT4のツールメニュー > オプション > チャート > チャートの最大バー数」です。
MT4の仕様は、どの時間足でも最大データ数は同じため、下位足になるほど古いデータが存在しないためです。

スクリーンショットを保存する時は、スクリーンショットのキーを押します。
スクリーンショットの保存先は「MQL¥Indicators¥Files」です。

MT4ショートカットキー(チャート関連)

チャートを縮小
チャートを拡大
チャートを左にスクロール(バー4本)
チャートを右にスクロール(バー4本)
チャートを左にスクロール(バー4本)
チャートを右にスクロール(バー4本)
Home チャートの一番古い場所に移動
End チャートの一番新しい場所に移動
Page Up チャートを左に速くスクロール(1画面分)
Page Down チャートを右に速くスクロール(1画面分)
F12 チャートを1本ずつ左に動かす
Shift + F12 チャートを1本ずつ右に動かす
Enter 日時指定の入力欄を開く
Ctrl + F カーソルを十字カーソルに変更
Ctrl + G グリッド線の表示・非表示を切り替え
Ctrl + Y 期間区切り線の表示・非表示を切り替え

パラメーター

デフォルトパラメーターのままチャートにセットするだけで使用できます。

「同じ通貨ペアのみ同期」を「false」に設定すると、異なる通貨ペアは同期しません。

サマータイムの判定は、UTC(GMT)で行っています。

ブローカーによって、MT4時刻が異なるため、UTCとの時差を設定してください。

「スクリーンショットのファイル名」を「ScreenShot¥abcFX_ShiftChartMTF」の様にフォルダ名を付けて設定すると、「MQL¥Indicators¥Files」内に「ScreenShot」フォルダが作成されて、その中に保存されます。

ダウンロード

MT4 チャートシフトMTF
最新バージョン:Ver 1.02 (2020年5月17日)
abcFX_ShiftChartMTF.ex4
GogoJungleからダウンロード

■Ver 1.00 (2020年5月12日)
・リリース

■Ver 1.01 (2020年5月13日)
・スクリーンショット機能を追加

<追加されたパラメーター>
・スクリーンショットのキー
・スクリーンショットのファイル名
・スクリーンショットのファイル名に通貨ペアを付ける
・スクリーンショットのファイル名に時間軸を付ける
・スクリーンショットのファイル名に時刻を付ける
・スクリーンショットのファイル形式
・スクリーンショットの幅(ピクセル)
・スクリーンショットの高さ(ピクセル)

■Ver 1.02 (2020年5月17日)
・状況により初期化処理でエラーになる問題を改修
・バージョン情報にアイコンを追加

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません。