メーカーのSE(システムエンジニア)です。

発電所からテーマパークのアトラクション、サーバーソフトから組込ソフトまで、様々なシステム及びソフトウェアの経験があります。

インジケーターは、FXトレードとソフトウェアの経験から、シンプルで、トレードに必要十分な機能を兼ね備え、洗練された品質の高いソフトウェアになるように心がけて開発しています。

2016年からFXを始め、試行錯誤しながら2017年の後半ぐらいから利益が出るようになりました。

2016年は裁量トレードと自作EAによるシステムトレード、2017年前半は購入したEAによるシステムトレード、2017年後半からはトラリピ系EAによるシステムトレード、2018年後半からは裁量トレードです。

トレードに対しての意識が変わったのは、XMのレバレッジ888倍を活用して、少額の資金でトラリピ系EAを使い始めてからです。トラリピの基本は「ロスカットはしない」なので、待てば利益になる、相場は波を打ちながら動いているというのを実感しました。

モニターしている通貨ペアは、USDJPY, EURUSD, GBPUSD, AUDUSDのドルストレート です。

多通貨ペアを手がけることで、チャンスが増えます。

トレンドフォロー(順張り)で、デイトレードとスイングトレードをしています。

どの手法も原則として、ダウ理論による上目線/下目線、戻り高値/押し安値、サポレジライン、チャネルラインを見ています。

多通貨ペアを様々な手法で監視することはかなり手間がかかるため、プログラミングが得意なこともあって、インジケーターを作製して裁量トレードに使用しています。作製したインジケーターは、「MT4 インジケーター」のページで紹介しています。

EAを作製すれば完全自動化もできますが、以前EAを作製していたときにトレードにはやはり相場観が必要だと考え、裁量トレードに必要なインジケーターを作製することに至りました。

作製したインジケーターは、トレードに使用して改良を重ねています。また、ユーザー様から頂いたご要望は開発の参考にしています。

インジケーターを複数のMT4上で24時間稼働させ、4通貨ペアで発生したシグナルをiPhoneのMT4とApple Watchにプッシュ通知させて、日中も可能な限りエントリーしています。

外出先からはリモートデスクトップで、PC版MT4のチャートを確認しています。

FXブローカーは、楽天FX、DMM.com、ヒロセ通商、FOREX.com、Titan FX、外為ファイネスト、OANDA、EZインベスト証券、FXプライムbyGMO、マネースクェア、インヴァスト証券、XMといろいろ試しましたが、現在、裁量は「LAND-FX」、トラリピ系EAは「GemForex」を使ってMT4(MetaTrader 4)でトレードしています。

LAND-FX」は、最大50万円までの100%入金ボーナスの魅力に惹かれて口座を開設しました。

GemForex」のドル円は、ロングもショートもプラススワップのため、トラリピ系に最適です。

サラリーマンにとって、FXは最高の副業だと思います。仕事が終わってからできる、少額から始められる、経費が掛からない、利回りが良い、スマホだけでできる、すぐに始められる、そしてとにかく楽しいです。

FXトレードに役立つ情報を発信していきたいと思っています。よろしくお願いします。

初版:2019年1月
更新:2020年5月
abc-FX

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません。