複数チャートの通貨ペア、時間軸、チャートモード、ズームを同期できるMT4インジケーターです。

組表示で検証している時に、複数のチャートをボタン操作で同期できます。

  • 通貨ペアを同期
  • 通貨ペアはカンマ「,」区切りで複数設定可能(並び順も自由)
  • 時間軸を同期
  • 表示する時間軸を選択可能(並び順も自由)
  • チャートモード(バーチャート/ローソク足/ラインチャート)を同期
  • ズームを同期
  • 他のチャートと同期しないスタンドアロン(独立)モードが選択可能
  • ボタンの表示/非表示が選択可能(種別ごと)
  • ボタンの縦/横配置が選択可能
  • ボタンを配置するチャート上のコーナーが設定可能
  • ボタンの色、枠色、フォント色が設定可能(種別ごと)
  • ボタンの座標、間隔、幅、高さ、フォント、フォントサイズが設定可能(共通)

<左上縦配置>

<左上横配置>

<左上と右上に分割配置>

本インジケーターは、チャートに複数適用できるため、自由な組み合わせで配置ができます。

パラメーター

デフォルトパラメーターのままチャートにセットするだけで使用できます。

<インジケーターID>

インジケーターを同一チャートに複数使用するには、チャートに適用した最初に表示されるパラメーターダイアログで、「インジケーターID」を設定します。

IDは、すでにチャートに存在するIDと重複しない様に設定してください。

「インジケーターID:1」がチャートに存在するときに、次の設定は「2」にします。

同じIDで設定してしまった場合は、同じIDのインジケーターを一旦全て削除してください。

IDを変更する場合は、インジケーターをチャート上から一旦削除してから新IDで再設定してください。

IDを変更する時に重複するIDで設定してしまった場合は、元のIDに戻すことで再認識します。


「スタンドアロンモード」を「true」に設定すると、他のチャートと同期しないため、各チャートの専用ボタンとして使えます。

ディスプレイの解像度によって、ボタンの表示が変わりますので、各種パラメーターで調整をお願いします。(MT4の仕様)

「ボタンのコーナー」を「Left upper chart corner」に設定すると、チャートの左上が座標の原点(X座標:0, Y座標:0)になります。チャートの中心方向が+座標になります。他のコーナーも同様です。「

「通貨ペア」は、MT4の通貨ペアリストに表示されている実際の通貨ペア名をカンマ「,」区切りで設定してください。「USDJPYmicro」と表示されている場合は、その通りに設定します。

「表示する時間軸の数」は、設定した数分、「時間軸1」から順番に表示します。

ダウンロード

MT4 通貨ペア・時間軸・チャートモード・ズーム同期
最新バージョン:Ver 1.00 (2020年5月12日)
abcFX_ChangeBulk.ex4
GogoJungleからダウンロード

■Ver 1.00 (2020年5月12日)
・リリース

インジケーター用設定ファイル

本ページの画像に掲載しているインジケーター用設定ファイルがダウンロードできます。設定する際の参考にお使いください。

左上・通貨ペア・横配置:abcFX_ChangeBulk_ID1_左上_通貨ペア.set
右上・時間軸・チャートモード・ズーム・縦配置:abcFX_ChangeBulk_ID2_右上_時間軸_チャートモード_ズーム.set
左上・全て横配置:abcFX_ChangeBulk_ID3_左上_横配置.set

ファイルをダウンロードして、解凍後に「MQL4¥Presets」フォルダに保存します。

インジケーターをチャートに適用する際に、最初に開く設定ダイアログの「パラメーターの入力」タブの右下にある「読み込み」ボタンから読み込んでください。

MT4 通貨ペア・時間軸・チャートモード・ズーム同期用設定ファイル
最新バージョン:Ver 1.00(2020年5月12日)
無料・無断転載禁止

■Ver 1.00 (2020年5月12日)
・リリース

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません。