インサイドバー(はらみ足)とアウトサイドバー(包み足)をチャートに表示するプライスアクション用のMT4インジケーターです。

MT4インジケーターは、「インサイドバー」と「アウトサイドバー」の2本セットになります。

上位版の18種類のローソク足のパターンをチャートに表示するMT4インジケーターは、こちらの「プライスアクション」のページになります。

プライスアクションとは、ローソク足から未来の値動きの方向を見極める方法です。テクニカルなインジケーターと組み合わせて補助的なチャート要素として使います。

下のチャートの様に、インサイドバーとアウトサイドバー(2種類)が矩形で囲まれて、バーの種別が表示されます。矩形ラインの色・スタイル、バー種別の表示テキストなどはパラメーターで自由に設定できます。

インサイドバー

インサイドバーとは、ローソク足の実体とヒゲが前の足(母足)の範囲に収まっている足のことを言います。 インサイドバーの高値は母足の高値も低く、安値は高い位置にあります。母足とインサイドバーはエントリーシグナルのパターンを形成します。

インサイドバーのパターンは、4時間足や日足のような大きな時間軸で使います。

インサイドバーのパターンは、トレンドの転換か継続のどちらかを示します

そのため、逆指値買い待機注文と逆指値売り待機注文を入れます。

より正確なエントリーを行うために、トレンドライン、サポート・レジスタンレベル、フィボナッチレベルなどと組み合わせて使います。

レンジ相場で繰り返し発生するインサイドバーは、エントリーシグナルとして使わないようにします。

インサイドバーの逆指値買いとストップオーダーの設定

下のチャートの例で逆指値買いとストップロスの設定例を示します。サポートレベル付近でインサイドバーが発生しているとします。

  • 逆指値買い待機注文を母足の少し上に設定します。
  • ストップロスは、母足の安値の少し下に設定します。

インサイドバーの逆指値売りとストップオーダーの設定

下のチャートの例で逆指値売りとストップロスの設定例を示します。サポートレベル付近でインサイドバーが発生しているとします。

  • 逆指値売り待機注文を母足の少し下に設定します。
  • ストップロスは、母足の高値の少し上に設定します。

アウトサイドバー

アウトサイドバーとは、ローソク足の実体とヒゲが前のローソク足の実体とヒゲを完全に包み込んでいる足のことを言います。 パターンには2つのタイプがあります。

BUOVB: Bullish Outside Vertical Bar(強気包み足)
BEOVB: Bearish Outside Vertical Bar(弱気包み足)

アウトサイドバーのパターンは、4時間足や日足のような大きな時間軸で使います。

アウトサイドバーのパターンは、トレンドの転換を示します

より正確なエントリーを行うために、トレンドライン、サポート・レジスタンレベル、フィボナッチレベルなどと組み合わせて使います。

レンジ相場で繰り返し発生するインサイドバーは、エントリーシグナルとして使わないようにします。

BUOVBの逆指値買いとストップオーダーの設定

下のチャートの例で逆指値買いとストップロスの設定例を示します。サポートレベル付近でアウトサイドバーが発生しているとします。

  • 逆指値買い待機注文を外側のローソク足の少し上に設定します。
  • ストップロスは、外側のローソク足の安値の少し下に設定します。

BEOVBの逆指値売りとストップオーダーの設定

下のチャートの例で逆指値売りとストップロスの設定例を示します。レジスタンスレベル付近でアウトサイドバーが発生しているとします。

  • 逆指値売り待機注文を外側のローソク足の少し下に設定します。
  • ストップロスは、外側のローソク足の高値の少し上に設定します。

特徴

チャート上の全てのインサイドバー及びアウトサイドバーを表示するのか、最新のインサイドバー及びアウトサイドバーのみを表示するのかをパラメーターで設定できます。最新のインサイドバー及びアウトサイドバーのみを表示すれば、他のインジケーターと合わせて使っても、チャートがごちゃごちゃになりません。

レンジ相場で繰り返し発生する様な勢いのない(サイズの小さな)インサイドバー及びアウトサイドバーをフィルターすることができます。

使用方法

デフォルトパラメーターのままチャートにセットするだけで使用できます。

インサイドバー及びアウトサイドバーのインジケーターは、1つのチャートにそれぞれ1つだけセットして使用してください。(同時に使用できます)

パラメーター

インサイドバーとアウトサイドバーのフィルターの設定方法について説明します。

インサイドバーは、母足のサイズ(値幅)をパラメーターで設定します。母足が設定値より小さい場合は、インサイドバーと見なしません。

アウトサイドバーは、外側の足のサイズ(値幅)をパラメーターで設定します。外側の足が設定値より小さい場合は、アウトサイドバーと見なしません。

設定単位はpointになります。レート表示の一番小さな値が1pointになります。

レート表示が小数点以下3桁ならば、0.001=1pointになります。

レート表示が小数点以下5桁ならば、0.00001=1pointになります。

例えばドル円が小数点以下3桁の場合、母足のサイズ(値幅)を「0.075」円と設定したい場合は、「75」と設定します。

「Inside Bar」などのテキストの表示位置を「テキストの表示移動幅」で左右に調整できます。

インサイドバーのパラメーター

アウトサイドバーのパラメーター

ダウンロード

MT4 キャンドルアクション
最新バージョン:Ver 1.00 (2019年6月30日)
abcFX_InsideBar.ex4
abcFX_OutsideBar.ex4
GogoJungleからダウンロード

 

■Ver 1.00 (2019年6月30日)
・リリース

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません。