トレードに関する様々な情報と保有中ポジション及び取引履歴を扱うためのMT4インジケーターMT4スクリプトのセットになります。

トレード中はチャート上でリアルタイムに情報を確認、週末は取引履歴をチャート上に表示して改善ポイントの確認に使えます。

トレード情報と取引履歴が表示されたチャートのスクリーンショットを保存すれば、それがそのままトレード記録(日誌)になります。

  • トレード情報をチャート上にリアルタイムに表示するインジケーター
  • ポジションと取引履歴をチャート上に、グラフィカルに表示するインジケーター
  • ポジション(ターミナルの取引タブの情報)をCSVファイルに出力するスクリプト
  • 取引履歴(ターミナルの口座履歴タブの情報)をCSVファイルに出力するスクリプト

ポジションがチャート上に、グラフィカルに表示されるとトレードの楽しさが倍増します。

トレード情報のリアルタイム表示

トレードに関する様々な情報をチャート上に表示するため、トレード戦略がリアルタイムに立てられるようになります。

ターミナルを開いたり、他のアプリを立ち上げたりする必要がなくなり、利便性が向上して、トレードに集中できるようになります。

必要な項目選択して、チャート上に、自由に配置できます。フォントも色もサイズも項目ごとにお好みで。

インジケーター用設定ファイルが、本ページの一番下からダウンロードできます。

<チャートの通貨ペアに関する情報>

  • 通貨ペアと時間足
  • レート
  • スプレッド
  • Buyポジション情報(ロット数、平均レート、Pips、損益)
  • Sellポジション情報(ロット数、平均レート、Pips、損益)
  • 全ポジション損益(Pips、損益)
  • 今日のポジション損益(Pips、損益)
  • 今日の決済損益
  • 今週の決済損益
  • 今月の決済損益
  • 今年の決済損益
  • Askライン

<共通の情報>

  • 時間足確定までの残り時間
  • ブローカー時刻
  • 東京時刻
  • ロンドン時刻
  • ニューヨーク時刻

ポジション情報と決済損益は、チャートの通貨ペアの情報を表示するため、通貨ペアごとにポジションがどのような状況にあるのか、決済損益はどのような状況にあるのかが、リアルタイムに分かります。

ロット数と平均レートは、ピラミッティングとナンピンのポジショニング戦略に有効です。

Pipsは、ロット数に影響を受けない現在レートと注文価格の差を表示します。
損益がマイナスでも、実はPipsがプラスの場合があります。その場合は、ロット戦略を見直せば利益が出るようになります。

今日のポジション損益は、当日に注文したポジションだけを表示します。
損益がマイナスの通貨ペアのトレードを中止し、利益が出ている通貨ペアに注力するなどの選択と集中の戦略が立てられます。

  • 時間足確定までの残り時間は、秒数指定で事前にアラート音を再生
  • ロンドン時刻とニューヨーク時刻は、自動でサマータイムに切り替え
  • トレード情報は、キー操作(初期値は[I]キー)で表示/非表示を切り替え(チャートがごちゃごちゃになりません)
  • 表示する時間足を設定可能(1時間足に切り替えたときにだけ自動的に表示など)
  • 項目ごとに表示/非表示、タイトル、色、フォント、サイズ、X・Y座標が設定可能(表示する項目と並び順と配置が自由)
  • 1つのチャートに本インジケーターを複数適用可能(インジケーターIDをユニークに設定)
  • インジケーターIDごとに表示項目をグルーピングして設定し、チャートの各コーナーに割付(配置)が可能

Askラインは、キー操作(初期値は[A]キー)で表示/非表示が切り替えられるため、注文時だけ表示させてスプレッドを確認することができます。MT4標準のAskラインは色のみ変更可能ですが、本インジケーターはスタイル、幅、色が設定できます。

ポジションと取引履歴のグラフィカル表示

ポジションと取引履歴をチャート上に、矢印とラインで、リアルタイムに表示します。

チャート上で、現在のポジションと損益がリアルタイムに確認できるので、チャートを見ながら決済タイミングを取ることができます。表示はティックで更新されるため、スキャルピングにも有効です。

「今日の注文のみを表示」をONすれば、塩漬けはフイルターして、デイトレに集中できます。

ボタン操作でスクリーンショットが撮れるため、いつでもトレード記録を保存できます。
スクリーンショットのファイル名には、自動的に通貨ペアと時間足と時刻が追加されるため、どんどん保存して後でまとめて整理できます。

マジックナンバーが指定できるので、EAの売買ポイントを確認できます。

下のチャートは、ポジションを表示しています。(クリックで拡大してご覧ください)
「Trades」ボタンをクリックすると、ポジションを表示します。
見やすいようにバーチャートで掲載しました。チャートタイプ(バー/ローソク足/ライン)は自由に切り替えできます。
Buyポジションは、注文価格とBidが青ラインで接続されて、レートに合わせてラインが自動的に動いて、損益を表示します。
Sellポジションは、注文価格とAskが赤ラインで接続されます。
損益表示は、注文足または現在足が選択可能です。(損益は±別に色が設定可能)
Sellポジションが、現在のバーから表示が離れているのは、BidとAskの差(スプレッド)です。

下のチャートは、取引履歴を表示しています。(クリックで拡大してご覧ください)
「History」ボタンをクリックすると、取引履歴を表示します。
ポジションを決済すると、取引履歴として表示されます。

<ポジションと取引履歴>

  • ポジションをリアルタイムにチャート上に表示(指値と逆指値の予約中の注文は除く)
  • ポジションは、表示するマジックナンバーが設定可能
  • ポジションは、今日の注文のみを表示可能
  • 取引履歴をリアルタイムにチャート上に表示
  • 取引履歴は、表示するマジックナンバーが設定可能
  • 取引履歴は、今日の注文のみを表示可能
  • 取引履歴は、表示する期間が設定可能
  • 注文価格と決済価格を表示
  • 損益をPipsで表示
  • ポジションと取引履歴を表示する時のチャートモード(バー/ロウソク足/バー)が設定可能
  • ボタン操作で表示/非表示を切り替え(チャートがごちゃごちゃになりません)
  • キー操作(初期値は[H]キー)で表示/非表示を切り替え(チャートがごちゃごちゃになりません)
  • 表示する時間足を設定可能(1時間足に切り替えたときにだけ自動的に表示など)
  • ポジションと取引履歴別に表示/非表示が設定可能
  • BuyとSell別に表示/非表示が設定可能
  • BuyとSellとExit別に矢印の色が設定可能
  • BuyとSellとExit別に価格ラベルの表示/非表示、色、サイズが設定可能
  • 注文価格と決済価格を接続するラインのスタイルと色と幅がBuyとSell別に設定可能
  • 損益の表示/非表示、色、フォント、フォントサイズが設定可能、色は損益のプラスとマイナス別に設定可能

<スクリーンショット>

  • ボタン操作でスクリーンショットを保存
  • キー操作(初期値は[S]キー)でスクリーンショットを保存
  • スクリーンショットのファイル名が設定可能
  • ファイル名に、通貨ペア、時間足、時刻の追加が項目ごとに設定可能
  • 保存形式をgif、png、bmpから選択可能
  • スクリーンショットの幅と高さをピクセルで設定可能
  • スクリーンショットの保存先は「MQL¥Indicators¥Files」です

<共通>

  • ボタンは表示/非表示が設定可能
  • ボタンを配置するチャート上のコーナーが設定可能
  • ボタンの文字、背景色、枠色、フォントのON/OFF色、フォント、フォントサイズ、X・Y座標、間隔、幅、高さが設定可能

ポジションと取引履歴とのCSV出力

MT4のポジションと取引履歴をCSVファイルに出力します。

CSVファイルを出力したいタイミングで、スクリプトをダブルクリックするだけです。

CSVをExcelに貼り付ければ、Excelでトレード記録を作成し、様々な分析ができるようになります。

  • ポジション(ターミナルの取引タブの情報)をCSVファイルに出力
  • 取引履歴(ターミナルの口座履歴タブの情報)をCSVファイルに出力
  • 損益をPipsで出力
  • マジックナンバーを出力
  • 先頭行に列見出しを出力
  • MT4時間を日本時間に変換して出力することが可能(サマータイム自動対応)
  • 取引履歴は、出力する期間が設定可能

<ポジション出力項目>

  • 注文番号
  • 注文時間
  • 取引種別
  • 数量
  • 通貨ペア
  • 注文価格
  • 決済逆指値(S/L)
  • 決済指値(T/P)
  • 価格
  • 手数料
  • スワップ
  • 損益
  • コメント
  • マジックナンバー
  • Pips

<取引履歴出力項目>

  • 注文番号
  • 注文時間
  • 取引種別
  • 数量
  • 通貨ペア
  • 注文価格
  • 決済逆指値(S/L)
  • 決済指値(T/P)
  • 決済時間
  • 決済価格
  • 手数料
  • スワップ
  • 損益
  • コメント
  • マジックナンバー
  • Pips

ファイル

インジケーターは「MQL¥Indicators」フォルダに、スクリプトは「MQL¥Scripts」フォルダに保存して、ご利用ください。

abcFX_InfoViewer トレード情報インジケーター インジケーター
abcFX_TradesViewer ポジション&取引履歴インジケーター インジケーター
abcFX_TradesWriter ポジションCSV出力スクリプト スクリプト
abcFX_HistoryWriter 取引履歴CSV出力スクリプト スクリプト

MT4の設定

決済損益と取引履歴は、MT4のターミナルの口座履歴タブに表示されている情報を使っています。口座履歴タブに表示されていない情報をインジケーターやスクリプトでは読み込めないため、下記の方法で表示項目を増やしてください。

「MT4の表示メニュー > ターミナル」でターミナルを表示させて、ターミナル上で右クリックし、「全履歴」を選択してご使用ください。

パラメーター

トレード情報インジケーター

パラメーターは多いですが、設定は簡単です。

<インジケーターID>

インジケーターを同一チャートに複数使用するには、チャートに適用した最初に表示されるパラメーターダイアログで、「インジケーターID」を設定します。

IDは、すでにチャートに存在するIDと重複しない様に設定してください。

「インジケーターID:1」がチャートに存在するときに、次の設定は「2」にします。

同じIDで設定してしまった場合は、同じIDのインジケーターを一旦全て削除してください。

IDを変更する場合は、インジケーターをチャート上から一旦削除してから新IDで再設定してください。

IDを変更する時に重複するIDで設定してしまった場合は、元のIDに戻すことで再認識します。


チャートのコーナーごとに、インジケーターIDを設定して、表示する項目をグルーピングして設定すると便利です。例えば、左上に表示するグループは「ID:1」、右上に表示するグループは「ID:2」などです。設定したパラメーターは、「パラメーターの入力」ダイアログの右下の「保存」ボタンで保存しておくと、いつでも読み込めます。

「情報を初期状態で表示」を「false」に設定すると、通貨ペアや時間足を切り替えた時に表示されません。表示させる時は、表示切替キーを押します。

「情報を表示する時間足」を設定すると、特定の時間足の時にのみ表示させることができます。

「情報表示を背景として表示」を「true」に設定すると、ローソク足の背景(後ろ側)に表示されます。

「情報表示のコーナー」を「Left upper chart corner」に設定すると、チャートの左上が座標の原点(X座標:0, Y座標:0)になります。チャートの中心方向が+座標になります。他のコーナーも同様です。

「情報表示共通設定」の色、フォント、フォントサイズを設定すると、全項目に適用されます。個別項目を設定すると、個別側が優先されます。

「情報表示共通設定」の「X座標のオフセット」と「Y座標のオフセット」は、個別項目の座標のオフセットになります。オフセットを設定することで、全項目を移動できます。

個別項目の「表示」を「true」に設定すると、その項目が表示されます。

今日のポジション損益は、MT4時間の注文日が基準になります。今月・今週・今月・今年の決済損益は、MT4時間の決済日が基準になります。

「時間足確定までの何秒前でアラート音を再生するか」を「0」秒などの小さな値に設定すると、ティックが飛んで、残り時間が2秒から58秒に飛んだ場合などはアラート音は再生されないため、大きめの値を設定してください。

ポジション&取引履歴インジケーター

デフォルトパラメーターのままチャートにセットするだけで使用できます。

「表示する時間足」を設定すると、特定の時間足の時にのみ表示させることができます。

「背景として表示」を「true」に設定すると、ローソク足の背景(後ろ側)に表示されます。

「表示するときのチャートタイプ」で設定したバー/ローソク足/ラインに、表示するときに自動的に切り替わります。

「初期状態で表示」を「false」に設定すると、通貨ペアや時間足を切り替えた時に表示されません。表示させる時は、表示切替キーを押します。

「注文時間の新しい順にポジション(履歴)を表示する最大数」で、ポジション及び取引履歴を過去に遡って表示しますので、性能に影響がない範囲で設定してください。

「マジックナンバーを指定」を「true」に設定し、「マジックナンバー」を設定すると、マジックナンバーが抽出表示されます。

「今日の注文ポジション(履歴)」を「true」に設定すると、注文日が今日(MT4時刻)の項目が抽出表示されます。

「今日の注文ポジション(履歴)」を「true」に設定し、「履歴期間の注文開始日」と「履歴期間の注文終了日」を設定すると、注文日が期間内の項目が抽出表示されます。

「注文時間の新しい順にポジション(履歴)を表示する最大数」と「マジックナンバーを指定」と「今日の注文ポジション(履歴)」と「今日の注文ポジション(履歴)」は、AND条件になります。

「スクリーンショットのファイル名」を「ScreenShot¥abcFX_TradesViewer」の様にフォルダ名を付けて設定すると、「MQL¥Indicators¥Files」内に「ScreenShot」フォルダが作成されて、その中に保存されます。

ポジションCSV出力スクリプト

取引履歴CSV出力スクリプト

サマータイム

サマータイムは、UTCで判断しています。

  夏時間 冬時間
ニューヨーク時間 3月第2日曜日(UTC-4) 11月第1日曜日(UTC-5)
ロンドン時間 3月最終日曜日(UTC+1) 10月最終日曜日(UTC+0)
東京時間 ー(UTC+9) ー(UTC+9)

CSV出力の「MT4時刻を日本時間に変換」のサマータイムは、ポジション及び取引履歴の注文時間、決済時間でサマータイムを判断して、日本時間に変換しています。

ダウンロード

MT4 トレード情報・ポジション&取引履歴
最新バージョン:Ver 1.00 (2020年5月5日)
abcFX_InfoViewer.ex4 (Ver 1.00)
abcFX_TradesViewer.ex4 (Ver 1.00)
abcFX_HistoryWriter.ex4 (Ver 1.00)
abcFX_TradesWriter.ex4 (Ver 1.00)
GogoJungleからダウンロード

■Ver 1.00 (2020年5月5日)
・リリース

トレード情報インジケーター用設定ファイル

トレード情報インジケーターの下のチャートの設定ファイルがダウンロードできます。

各コーナーごとに、4つの設定ファイルになっています。

左上:abcFX_InfoViewer_ID1_左上.set
右上:abcFX_InfoViewer_ID2_右上.set
右下:abcFX_InfoViewer_ID3_右下.set
左上:abcFX_InfoViewer_ID4_左下.set

ファイルをダウンロードして、解凍後に「MQL4¥Presets」フォルダに保存します。

インジケーターをチャートに適用する際に、最初に開く設定ダイアログの「パラメーターの入力」タブの右下にある「読み込み」ボタンから読み込んでください。

MT4 トレード情報インジケーター用設定ファイル
最新バージョン:Ver 1.00(2020年5月11日)
無料・無断転載禁止

■Ver 1.00 (2020年5月11日)
・リリース

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません。