ローソク足の7種類のプライスアクションスラストアップ・ダウンをチャート上に表示するMT4インジケーターです。

ローソク足のパターンからは、その時々の相場の勢いや転換サインなどを読み取ることができ、買いサインや売りサインなどを判断することができます

特徴

  • 7種類のプライスアクションを正確に検知できる
  • スラストアップ・ダウンのカウントを表示できる
  • 必要なパターンのみを選択できる
  • パターン別にテキストと色を設定できる
  • パターン別に枠のスタイル、幅、色を設定できる
  • キー操作で一括表示/非表示ができる
  • 最新のパターンのみを表示できる(チャートがスッキリ)
  • テキストの表示/非表示、表示位置を設定できる
  • 枠の表示/非表示、塗りつぶしを設定できる
  • アラート機能によりチャンスを逃さない
  • リペイント(再描画)はありません

プライスアクション

  1. ピンバー
  2. リバーサルハイ
  3. リバーサルロー
  4. インサイドバー
  5. アウトサイドバー
  6. エルゴルフィンバー(Buy)
  7. エルゴルフィンバー(Sell)
  • スラストアップ
  • スラストダウン

ピンバー

ヒゲが長く実体が極端に短い形。大きく上下したものの終値は始値に近い水準で拮抗したため、反転の前兆として表れやすいです。

↓チャートはクリックで拡大します。

リバーサルハイ・リバーサルロー

実体幅の近い陽線と陰線が並んだ形。二つを合成(1つのローソク足に変換)した場合、ピンバー に近い形になるため反転のサインと捉えます。

インサイドバー・アウトサイドバー

インサイドはローソク足の値動きが前の値幅に収まることをいい、アウトサイドは前の値幅よりも大きく動くことをいい、どちらもラインブレイクが狙えます。

エルゴルフィンバー Buy・Sell

前の足の高値(安値)を次の足の終値がしっかりと抜けている状態をいい、前の足の値動きを完全に否定したため、反転のサインと捉えます。

スラストアップ・スラストダウン

終値が前の足の高値を上回ることをスラストアップ、反対に終値が前の安値を下回ることをスラストダウンといい、トレンドの継続を象徴しています。

スラストアップとスラストダウンをカウントして、チャート上に表示します。

表示を開始するカウント値を設定できます。

最新のスラストのみ表示します。アラートはありません。

表示

普段は非表示にしておき、キー操作(初期値「P」キー)で表示できます。

バーを枠で囲むことができます。枠のスタイル、幅、色を設定できます。

枠を塗りつぶしたり、テキストの位置を上側に変更できます。

テキストの変更と回転ができるため、ピンバーをシンプルに横配置で「P」一文字に変更することもできます。

参考サイト

プライスアクションを使ったトレードのご参考になる外部サイトです。

アラート

アラートには、下記の種類があります。

  • アラート音
  • アラートダイアログ
  • スマートフォンMT4通知
  • MT4のメール送信

詳しくは、「アラート機能」のページをご覧ください。

アラートで通知される内容は、下記になります。

アラートのタイトル* + 通貨ペア + 時間足  + プライスアクション名* (*:パラメータで設定)
JST:アラート検出時刻(日本時間)
MT4:検出したローソク足の時刻(MT4時間)
通貨ペア [時間足]
Rate:検出したローソク足の終値
プライスアクション名

パラメーター

デフォルトパラメーターのままチャートにセットするだけで使用できます。

検知するプライスアクションを「true」に設定します。

ダウンロード

MT4 プライスアクション Pro
最新バージョン:Ver 1.00 (2020年7月16日)
abcFX_PriceActionPro.ex4
GogoJungleからダウンロード

■Ver 1.00 (2020年7月16日)
・リリース

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません。