ラインを引いた通貨ペアと時間足を記憶し、その組み合わせの時のみに表示!
通貨ペアのみの記憶も可能!

チャートに引いたライン等(オブジェクトと呼びます)は、通貨ペアや時間足を切り替えても表示されてしまいます。

通貨ペアを切り替えるたびに、ラインを消したり、引き直したりするのは大変です。

また、特定の時間足に対して引いたラインを他の時間足では表示させたくない場合もあります。

本インジケーターを利用すると、オブジェクトが作成された通貨ペア以外は非表示にすることができます。

また、設定によりオブジェクトが作成された時間足以外も非表示にすることができます。

ライン、チャネル、ギャン、フィボナッチ、図形、矢印類、テキストなど全てのオブジェクトが対象になります。

同一のチャートで通貨ペアを切り替えた時にオブジェクトを非表示にし、また元の通貨ペアに戻した時にオブジェクトを表示することができるようになります。

同一のチャートで時間足を切り替えた時にオブジェクトを非表示にし、また元の時間足に戻した時にオブジェクトを表示することができるようになります。

MT4 通貨ペア一括切り替え」を利用するとボタンクリックで通貨ペアを切り替えできるため便利です。

MT4 時間軸括切り替え」を利用するとボタンクリックで時間軸を切り替えできるため便利です。

使い方

オブジェクトを作成する前に、左上の「ON」ボタンをクリックします。

ONの状態で作成されたオブジェクトが、本インジケーターの管理対象になります。

ONの状態の時は、「ON」ボタンが反転表示になります。

オブジェクトの作成が終わったら、再度「ON」ボタンをクリックして、OFF状態に戻します。

他のインジケーターをチャートに適用する時は、OFFの状態に切り替えてから適用してください。

パラメーター

デフォルトパラメーターのままチャートにセットするだけで使用できます。

オブジェクトをすべての通貨ペアに表示したい場合は、「すべての通貨ペアに表示」を「true」に設定します。

オブジェクトをすべての時間足に表示したい場合は、「すべての時間足に表示」を「true」に設定します。

2つのパラメーターで4通りの設定ができます。

オブジェクトをどの通貨ペアのどの時間軸に引いたのか分からなくなったら、2つのパラメーターを「true」に設定すると全て表示されるようになります。

画面の解像度によりボタンの表示サイズが変わりますので、パラメーターでお好みのサイズに調整してください。

ダウンロード

MT4 オブジェクトを通貨ペアと時間足で管理
最新バージョン:Ver 1.00 (2019年10月18日)
abcFX_ManageObject.ex4
GogoJungleからダウンロード

 

■Ver 1.00 (2019年10月18日)
・リリース

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません。