MT4インジケーター「ダウ理論トレンドモニター」の機能を拡張するアドオンになります。

MT4インジケーター形式のため、通常のインジケーターと同様に取り扱いできます。

使い方(共通)

本インジケーターを利用するためには、MT4に「ダウ理論トレンドモニター」がインストールされている必要があります。

ダウ理論トレンドモニターは、Ver1.05以上をご利用ください。

最新版はこちらのページからダウンロードできます。

すでにダウ理論トレンドモニターをお持ちの場合は、「GogoJungle > マイページ > 利用する > ダウンロード商品」から最新版をダウンロードできます。

デフォルトパラメーターのままチャートにセットするだけで使用できますが、下記のパラメーターは必ず設定してください。

  • ダウ理論トレンドモニターのファイル名
  • スイングハイ・ローを確定する足の数

ダウ理論トレンドモニターのファイル名は、ファイル名が「abcFX_DowMonitor_xxxxxxxx.ex4」の場合は「.ex4」を除いた「abcFX_DowMonitor_xxxxxxxx」を設定してください。

ダウ理論トレンドモニターとアドオンのインジケーターは、「MQL4¥Indicators」フォルダに保存してください。MT4の仕様により、「MQL4¥Indicators」にサブフォルダを作成し、そのサブフォルダに保存しているインジケーターを呼び出して使用する場合は処理が遅くなります。(アドオンのインジケーターからダウ理論トレンドモニターを呼び出しています)

「MQL4¥Indicators」の直下に保存しても処理が遅い場合は、「MT4 > ツール > オプション > チャート > チャートの最大バー数」を2000程度に設定してください。

「スイングハイ・ローを確定する足の数」は、ダウ理論トレンドモニターで設定しているパラメーターと合わせてください。デフォルト値は「6」です。

MT4 ダウ理論目線シグナル

多くのトレーダーが注目しているダウ理論に基づいた上目線(買い目線)、下目線(売り目線)の方向性をサブウィンドウに表示します。

目線の転換で通知します。

通知方法は、アラーム音、アラートダイアログ、スマートフォンのMT4にプッシュ通知、メールが選択できます。

MT4にダウ理論トレンドモニターがインストールされていれば、チャートに適用していなくても使用できます。

他のインジケーターと組み合わせて、目線だけを知りたい場合にも利用できます。

下のサブウィンドウのピンクが上目線、水色が下目線になります。色は変更できます。

ダウンロード

MT4 ダウ理論目線シグナル
最新バージョン:Ver 1.01 (2019年10月24日)
abcFX_DowDirection.ex4
GogoJungleからダウンロード
 

■Ver 1.00 (2019年10月22日)
・リリース

■Ver 1.01 (2019年10月24日)
・他のサブウィンドウの高さが調整できない問題を改修

<削除されたパラメーター>
・サブウインドウの高さ(pixel)

MT4 ダウ理論トレンドライン

多くのトレーダーが注目しているダウ理論に基づいた戻り高値、押し安値に自動でトレンドラインを引きます。

ダウ理論の上昇トレンドの基準は「高値が更新し、安値は更新されない」、下降トレンドの基準は「安値が更新し、高値は更新されない」です。この基準にしたがってトレンドラインを引きます。

  • 上昇トレンドラインは、押し安値が連続(間に戻り高値を挟まない)した場合に描画
  • 下降トレンドラインは、戻り高値が連続(間に押し安値を挟まない)した場合に描画

高値が決まるとその高値に対応した押し安値が確定します。ダウ理論トレンドモニターの押し安値のシンボルが○から●に変わり、上昇トレンドラインが更新します。下降トレンドラインも同様になります。

上昇と下降の切り替わりなどを分析できるように上昇トレンドライン、下降トレンドラインを常に両方表示します。

トレンドラインをもとにチャネルラインが引けるように、「Ctrl」キーのドラッグ操作に対応しています。

「T」キーで、トレンドラインの表示/非表示を切り替えできます。

トレンドラインのブレイク(タッチを含む)で通知します。

通知方法は、アラーム音、アラートダイアログ、スマートフォンのMT4にプッシュ通知、メールが選択できます。

MT4にダウ理論トレンドモニターがインストールされていれば、チャートに適用していなくても使用できます。

他のインジケーターと組み合わせて、トレンドラインだけを引きたい場合にも利用できます。

下のチャートで赤色が上昇トレンドライン、青色が下降トレンドラインになります。

ダウンロード

MT4 ダウ理論トレンドライン
最新バージョン:Ver 1.02 (2019年11月8日)
abcFX_DowTrend.ex4
GogoJungleからダウンロード

 

■Ver 1.00 (2019年10月22日)
・ダウ理論トレンドモニター対応バージョン 1.04
・リリース

■Ver 1.01 (2019年10月30日)
・ダウ理論トレンドモニター対応バージョン 1.05
・上昇トレンドラインのプロパティ設定を追加
・下降トレンドラインのプロパティ設定を追加
・上昇と下降のトレンドラインを常時表示に変更
・上昇トレンドラインは、押し安値が連続(間に戻り高値を挟まない)した場合に描画するように変更
・下降トレンドラインは、戻り高値が連続(間に押し安値を挟まない)した場合に描画するように変更
・トレンドラインをもとにチャネルラインが引けるように「Ctrl」キーのドラッグ操作に対応
・アラートはトレンド方向に限定機能を削除

<追加されたパラメーター>
・上昇トレンドラインのスタイル
・上昇トレンドラインの幅
・上昇トレンドラインの色
・上昇トレンドラインのツールチップ
・上昇トレンドラインを延長
・下降トレンドラインのスタイル
・下降トレンドラインの幅
・下降トレンドラインの色
・下降トレンドラインのツールチップ
・下降トレンドラインを延長

<削除されたパラメーター>
・ラインのスタイル
・ラインの幅
・ラインの色
・ラインのツールチップ
・ラインを延長
・アラートはトレンド方向に限定

■Ver 1.02 (2019年11月8日)
・ダウ理論トレンドモニター対応バージョン 1.05
・内部処理の最適化

MT4 ダウ理論フィボナッチリトレースメント

多くのトレーダーが注目しているダウ理論に基づいた戻り高値・押し安値とそれに対応する安値・高値の間に自動でフィボナッチリトレースメントを引きます。

戻り高値が確定して、それに対応する安値が確定すると、その間に自動でフィボナッチリトレースメントを引きます。

押し安値が確定して、それに対応する高値が確定すると、その間に自動でフィボナッチリトレースメントを引きます。

フィボナッチレベルは、お好みのレベルをカンマ「,」区切りでパラメーターで設定できます。

フィボナッチレベルに価格とpipsを表示します。設定で非表示にできます。

「F」キーで、フィボナッチリトレースメントの表示/非表示を切り替えできます。

各フィボナッチレベルのブレイク(タッチを含む)で通知します。

目線方向のブレイクだけを通知する様に設定できます。

通知方法は、アラーム音、アラートダイアログ、スマートフォンのMT4にプッシュ通知、メールが選択できます。

本インジケーターは、チャートにダウ理論トレンドモニターが適用されている必要があります。

ダウ理論トレンドモニターのパラメーターで各項目を非表示に設定すれば、フィボナッチリトレースメントだけを表示することもできます。

他のインジケーターと組み合わせて、フィボナッチリトレースメントだけを引きたい場合にも利用できます。

ダウンロード

MT4 ダウ理論フィボナッチリトレースメント
最新バージョン:Ver 1.00 (2019年11月8日)
abcFX_DowFibo.ex4
GogoJungleからダウンロード
 

■Ver 1.00 (2019年10月XX日)
・リリース