概要

ダウ理論トレンドモニター」の機能を拡張するアドオンとして作製しました。「ダウ理論トレンドモニター」と組み合わせてご利用ください。

多くのトレーダーが注目しているダウ理論に基づいた戻り高値・安値と押し安値・高値の間に、MTFで自動でフィボナッチリトレースメントを引きます。

より効率的なトレードをするためには、トレンドのなかでも押し目買いや戻り売りをすることになります。

フィボナッチリトレースメントを引くと、上昇トレンドの押し目がどこまで下がるか、下降トレンドの戻り高値がどこまで上がるかの目安を知ることができます。

MTFでフィボナッチリトレースメントを引いて、重なるところがあれば、そこは強い抵抗になると考えられます。

戻り高値が確定して、それに対応する安値が確定すると、その間に自動でフィボナッチリトレースメントを引きます。

押し安値が確定して、それに対応する高値が確定すると、その間に自動でフィボナッチリトレースメントを引きます。

フィボナッチレベルは、レベルをカンマ「,」区切りで設定できます。

フィボナッチレベルに、時間足と価格とpipsを表示できます。

初期値「F」キーで、フィボナッチリトレースメントの表示/非表示が切り替えできます。

フィボナッチレベルのタッチ&ブレイクは、アラート音、アラートダイアログ、スマートフォンMT4プッシュ通知、メールでお知らせします。目線方向のタッチ&ブレイクだけを通知することができます。

本インジケーターは、チャートにダウ理論トレンドモニターが適用されている必要があります。

ダウ理論トレンドモニターの各項目を非表示に設定すれば、フィボナッチリトレースメントだけを表示することができますので、他のインジケーターと組み合わせて、フィボナッチリトレースメントを引きたい場合に利用できます。

メインウィンドウには、説明用に「ダウ理論トレンドモニター」も表示しています。サブウィンドウには「ダウ理論目線シグナル」を表示しています。

↓チャートはクリックで拡大します。

使用方法

MTFは全ての時間足に対応しています。(M1, M5, M15, M30, H1, H4, D1, W1, MN)

1つのチャートに複数の時間足のインジケーター(アドオン)が適用できます。

MTFに異なるキーを割り付けて、表示/非表示が切り替えできます。

例えば、1つのチャートにインジケーターを3つ適用し、MTFで1時間足を設定して「A」キーを割り付けます。同様に、4時間足に「S」キー、日足に「D」キーを割り付ければ、各キーで表示/非表示が切り替えできるため、チャートが見やすくなります。

全てのアドオンに同じキーを割り付けると、MTFごとに表示/非表示が切り替えできます。

MTFは、チャートの時間足の上位足を表示できます。下位足は自動的に非表示になります。

チャートの時間足よりも下位のMTFは、信頼性の無いデータになりますので、非表示になります。例えば、日足のチャートでは4時間足のMTFは非表示です。(通常どのインジケーターでも下位のMTFは信頼性の無いデータになります)

チャートのもっとも古いデータから計算しているため、MTFで上位足を表示した場合に過去のデータが足りないと、目線などの結果が異なる場合があります。

例えば、「チャートの最大バー数」が「10,000」の場合は、1時間足は約417日分ですが、4時間足は約1,667日分になります。つまり、4時間足では約1,667日分過去から計算しているのに対して、1時間足でMTF4時間足を計算すると約417日分過去からの計算しかできていないことになります。

各時間足の最大データ数は、「MT4のツールメニュー > オプション > チャート > チャートの最大バー数」です。MT4の仕様は、どの時間足でも最大データ数は同じになるため、下位足になるほど古いデータは存在しなくなります。「チャートの最大バー数」を大きくし、ヒストリカルデータを保存してご使用ください。

インジケーターをチャートに最初に適用した時に、一部のオブジェクトが表示されない場合は、表示切替キーを押してください。通貨ペア、時間足切り替え時に前回の表示状態を記憶するための仕様になります。

パラメーター

ダウンロード

MT4 ダウ理論フィボナッチリトレースメント
最新バージョン:Ver 1.01 (2020年7月23日)
abcFX_DowFiboMTF.ex4 (Ver 1.00)
GogoJungleからダウンロード

更新履歴

■Ver 1.00 (2020年11月8日)
・リリース

■Ver 1.01 (2020年7月23日)
・MTF版リリース
・通常版公開停止

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません。