サポート及びレジスタンスレベルとして意識される様々な高値・安値をチャートに表示するMT4インジケーターです。

シンプルだけどありそうでなかったインジケーターです。

右側に表示されますので、他のインジケーターと一緒に使ってもチャートがごちゃごちゃになりません。

表示する価格は下記になります。それぞれの表示/非表示がパラメーターで設定できます。

  • 前日始値(YDO)・終値(YDC)
  • 今日高値(DH)・安値(DL)
  • 前日高値(YDH)・安値(YDL)
  • 今週高値(WH)・安値(WL)
  • 先週高値(LWH)・安値(LWL)
  • 今月高値(MH)・安値(ML)
  • 先月高値(LMH)・安値(LML)

下のチャートは、ポンド円の1時間足です。

右側に様々な高値・安値がラインで表示されます。

ラインが重なっても文字が重ならないようにシフトしています。各文字のシフトはパラメーターで自由に設定できます。

使い方

デフォルトパラメーターのままチャートにセットするだけで使用できます。

MT4の「チャートの右端をシフト」にして使ってください。

チャートの時間軸が4時間足以下は全ての項目が表示されます。日足は週と月の高値・安値が表示されます。週足は月の高値・安値が表示されます。月足には何も表示されません。

チャートに表示している「DH」などの文字列は、時間軸の足を基準に描画していますので、チャートをズームイン・アウトした場合に文字列同士が重ならないように表示移動幅で調整してください。表示移動幅1はローソク足1つ分です。移動幅のマイナスは、時間軸の過去方向になります。

パラメーター

下記はパラメーターの一部ですが、他の高値・安値についても同様なパラメーターになっています。

テキストに日本語を設定する場合は、フォントを「MSゴシック」などの日本語フォントを設定します。

テキストの表示位置を「前日の始値・終値の表示移動幅」などで左右に調整できます。

ラインの表示位置を「ラインの表示移動幅」で左右に調整できます。

ラインのスタイルは、ライン幅が「2以上」の場合は「Solid」になります。

ラインの幅は、ラインスタイルが「Solid」(実線)時に「1〜5」を設定できます。

ダウンロード

MT4 様々な高値・安値
最新バージョン:Ver 1.00 (2019年7月7日)
abcFX_PriceHL.ex4
GogoJungleからダウンロード
 

■Ver 1.00 (2019年7月7日)
・リリース

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません。