MACDがプラス圏にあるのか、マイナス圏にあるのかをマルチタイムフレーム(MTF)で表示するMT4インジケーターです。

MACDは「短期平滑指数移動平均ー長期平滑指数移動平均」で計算されるため、移動平均線同士の乖離を見ている指標です。

MACDが0の場合は、短期と長期の平滑指数移動平均線がゴールデンクロスまたはデッドクロスしているポイントとなります。

そのため、MACDがプラス圏にある場合は上昇トレンド、マイナス圏にある場合は下降トレンドと見ることができます。

一つのチャート上に、全ての時間軸(MN, W1, D1, H4, H1, M30, M15, M5, M1)のMACDの情報を表示できます。

本インジケーターは、メインウインドウに情報を表示するだけです。サブウインドウにMACDを表示しないため、画面がサブウインドウだらけでごちゃごちゃになりません。

MT4インジケーター「DMA3シグナル」、「DMA3 MTF」と併用するとディナポリ・チャートをマルチタイムフレーム(MTF)でモニターできます。

下のチャートは、左上に全ての時間軸の情報を表示しています。表示する時間軸はパラメーターで設定できます。(サブウインドウには、MT4標準のMACDを表示しています)

本ページのチャートはクリックで拡大します。

MACDの初期設定は、標準的な短期EMA12、長期EMA26、シグナル9となっています。

ディナポリMACDとして使う場合は、短期EMA8長期EMA17、シグナル9に設定してください。

本インジケーターを使うと、時間軸を切り替えなくても一目でMACDの状態が確認できます。

表示する情報は、MACDがプラス圏にあるのか(MACD > 0)、マイナス圏にあるのか(MACD < 0)、0レベルにあるのか(MACD = 0)だけのシンプルな仕様です。

MACDの状態が変化すると、アラートダイアログの表示、アラーム音の再生、スマートフォンのMT4にプッシュ通知、メールを送信することができます。

MACDの状態変化を最新のローソク足(ティック)で判定するのか、確定足の終値で判定するのかを選択できます。

下のチャートはMT4の12通貨ペアに、ディナポリDMAとディナポリMACDを展開し、「MT4 DMA3 MTF」インジケーターを併用しています。複数通貨ペアを同時にモニターしているとエントリーチャンスが増えます。各チャートの時間軸を切り替えなくても左上の表示でトレンドが分かるので非常に便利です。

使い方

デフォルトパラメーターのままチャートにセットするだけで使用できます。

通知とはスマートフォンのMT4に通知する機能になります。

チャート左上に表示している時間軸で状態変化が発生した場合に、アラーム音再生とアラート表示、通知、メールを送信します。

通知とメールを利用する場合は、MT4の「ツール > オプション > 通知機能」及び「ツール > オプション > E-メール」の設定が必要です。設定については、インターネット等で調べてください。本機能はメールサーバー等の個人の環境に依存するためサポート対象外になります。

パラメーター

「表示する時間軸の数」は、指定した数だけ「時間軸1」から順番に表示します。

「時間軸1」から「時間軸10」には各時間軸と「current」(現在の時間軸)を設定できます。

テキストの位置は「テキストのX座標」と「テキストのY座標」と「テキストの行間隔」(行間)で設定します。「テキストのコーナー」で設定したポイントが原点(X=0, Y=0)になります。

メール件名は、MT4が日本語の送信に対応していないため、文字化けしないように半角のアルファベットで設定してください。

ダウンロード

MT4 MACD MTF
最新バージョン:Ver 1.00 (2019年8月10日)
abcFX_MACDMTF.ex4
GogoJungleからダウンロード

■Ver 1.00 (2019年8月10日)
・リリース

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません。