3本のDMA(Displaced Moving Average)を使用してエントリーのシグナルを発信するMT4インジケーターです。

DMAとはディナポリ・チャートの移動平均線です。DMAは単純移動平均線(SMA)を現在より未来に先行させたものです。

パラメーターの設定で、通常の移動平均線3本としてでも使用できます。

ジョー・ディナポリ氏は、フィボナッチ級数の第一人者として世界的に有名なトレーダーで、その手法は絶大な支持を集めています。

書籍は「ディナポリの秘数フィボナッチ売買法―押し・戻り分析で仕掛けから手仕舞いまでわかる」(初版2004年11月1日、パンローリング出版)で17,280円です。

 

3本のDMAを使ったトレード手法は有名ですが、3本のDMAを見ていると、どこがシグナルなのか分からなくなってきます。本インジケーターを使用すると、シグナルが矢印で表示されるためエントリーポイントが明確になります。

ディナポリ・チャートでは3本の移動平均線を使いますが、 どれもDMAとなっています。

短期DMA(3×3DMA)は、3SMAを3期間先行させます。

中期DMA(7×5DMA)は、7SMAを5期間先行させます。

長期DMA(25×5DMA)は、25SMAを5期間先行させます。

MT4インジケーター「DMA3 MTF」、「MACD MTF」と併用するとディナポリ・チャートをマルチタイムフレーム(MTF)でモニターできます。

下のチャートは、GBPJPYの4時間足チャートに「終値が3本のDMAの上抜け/下抜け」シグナルを表示しています。

シグナルが見事にトレンド転換と押し目/戻り目を捉えています。

短期DMAが青色、中期DMAが緑色、長期DMAが赤色です。

DMAは全ての時間軸で機能します。

機能

インジケーターには、次のような機能があります。

  • 終値が短期DMAの上抜けでシグナルを発信(押しの終了
    (上昇方向のパーフェクトオーダーが条件として入っています)
  • 終値が短期DMAの下抜けでシグナルを発信(戻しの終了
    (下降方向のパーフェクトオーダーが条件として入っています)
  • 終値が長期DMAの上抜けでシグナルを発信(トレンド転換の可能性
  • 終値が長期DMAの下抜けでシグナルを発信(トレンド転換の可能性
  • 終値が3本のDMAの上抜けでシグナルを発信(トレンド転換の可能性
  • 終値が3本のDMAの下抜けでシグナルを発信(トレンド転換の可能性
  • 上昇方向のパーフェクトオーダーでシグナルを発信(トレンド転換の可能性
  • 下降方向のパーフェクトオーダーでシグナルを発信(トレンド転換の可能性
  • 短期DMA中期DMAのゴールデンクロスでシグナルを発信(買シグナル
  • 短期DMA中期DMAのデッドクロスでシグナルを発信(売シグナル
  • 短期DMA長期DMAのゴールデンクロスでシグナルを発信(買シグナル
  • 短期DMA長期DMAのデッドクロスでシグナルを発信(売シグナル
  • 中期DMA長期DMAのゴールデンクロスでシグナルを発信(買シグナル
  • 中期DMA長期DMAのデッドクロスでシグナルを発信(売シグナル
  • 最新シグナルのみを表示(チャートが矢印でごちゃごちゃになりません)
  • シグナル発信でアラーム音を再生
  • シグナル発信でアラートダイアログを表示
  • シグナル発信でスマートフォンのMT4にプッシュ通知
  • シグナル発信でメールを送信
  • シグナルは、確定足の終値で判定しています

エントリー方法

短期DMAと長期DMAを利用したエントリーの方法を紹介します。

ここで紹介している以外にも、終値が3本のDMAの上抜け/下向け、パーフェクトオーダー、短期DMAと長期DMAのゴールデンクロスまたはデッドクロスなど、インジケーターの機能を活用したエントリーが可能です。

もみ合いのときは矢印が頻発します。シグナルだから闇雲にエントリーだと考えないようご注意ください。エントリーに際してトレンド判断等が必要となります。

短期DMAを利用したエントリー

短期的な押し目を見つける場合には、ローソク足が短期DMAを割ったところが目安になります。一度割ってから再び短期DMAを上抜けしたのを確認してからエントリーします。

エントリーするときには、押し目の安値が確定しているため、その少し下にストップロス(損切り)を置きます。

中期DMAと長期DMAは、サポートやレジスタンスになりやすいため、押し目/戻り目の目安とします。 

戻り目の場合も同じです。

長期DMAを利用したエントリー

長期DMAを終値で抜けてきた時、あるいは上向から下向きへ、下向きから上向へ転じた時は、トレンド転換の可能性があります。

マルチタイムの活用

日足や4時間足などで、エントリーチャンスを見つけた場合は、短期DMAの押しや戻りを待っていると利幅が少なくなってしまいます。

そのようなときは、時間軸を下げて、日足を4時間足に、4時間足を1時間足に変更して、同じように3本のDMAを見てみます。

その時に、短期DMAが押し目や戻り目であればエントリーのチャンスになります。

上位時間足から確認し、トレンドを見つけたら、時間軸を下げて短期DMAの押し目や戻り目でチャンスを待ちます。

複数通貨ペアを1時間足でモニターしているとチャンスはかなり多いため、スマートフォンMT4通知機能とメール送信機能は非常に役立ちます。

使い方

デフォルトパラメーターのままチャートにセットするだけで使用できます。

パラメーターは沢山ありますが、ほとんどが表示に関するものです。

全てのシグナルの有効/無効や矢印の色や大きさをカスタマイズできるようになっています。

通知とはスマートフォンのMT4に通知する機能になります。

通知とメールを利用する場合は、MT4の「ツール > オプション > 通知機能」及び「ツール > オプション > E-メール」の設定が必要です。設定については、インターネット等で調べてください。本機能はメールサーバー等の個人の環境に依存するためサポート対象外になります。

DMA3本のラインの色、幅、スタイルについては、インジケーター設定ダイアログの「色の設定」タブで設定してください。(0:短期DMA、1:中期DMA、2:長期DMA)

インジケーター設定ダイアログは、チャート上で「右クリック>表示中のインジケータ>abcFX_DMA3Signal」で開きます。

パラメーター

メール件名は、MT4が日本語の送信に対応していないため、文字化けしないように半角のアルファベットで設定してください。

ダウンロード

MT4 DMA3シグナル
最新バージョン:Ver 1.00 (2019年8月23日)
abcFX_DMA3Signal.ex4
GogoJungleからダウンロード
 

■Ver 1.00 (2019年8月23日)
・リリース

<免責事項>
当サイトは投資の助言、あるいは勧誘等を目的したものではありません。当サイトの情報及び配布物で被った如何なる損害についても、当サイト運営者は一切の責任を負いません。